事業紹介構台・桟橋設置⼯事

構台設置(乗入れ構台)工事とは、構台杭の打設を行い狭隘地における鉄骨製の仮設設備(作業台)設置工事のことで、建設機械の作業スペースや地下工事、資材の仮置スペース等として設置されます。
吊下げ式、リーダレス式で施工することで、作業半径が大きくとれるようになり急な斜面でも作業効率よく施工が可能です。
桟橋設置工事とは、仮桟橋や橋梁を設置する支持杭の打設から設置・解体までの工事のことで、構台設置と同じく様々な工法であらゆる地形に合わせた施工が可能です。

施工事例

構台設置工事

概要

現場状況に合わせた、クレーンと工法で最適な施工を提供します。
東京テクノは、狭隘地や急斜面など難しい施工も数多くの実績がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

桟橋・橋梁設置工事

概要

現場状況に合わせた、クレーンと工法で最適な施工を提供します。
仮桟橋、仮橋梁だけでなく本設も行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。