事業紹介鋼管杭回転圧⼊

国土交通大臣認定杭などの掘削力の高い先端翼を取り付けた支持杭を、回転させながら支持層まで貫入させる工法です。
特徴として、低コストで無騒音、無振動、無排土で環境に優しく、逆回転により引きぬく事が出来る為、建替え時の撤去が容易です。

施工事例

TGパイル工法(国土交通大臣認定杭)

概要

TGパイル工法は、鋼管の先端に独自形状の螺旋状の先端翼と掘削刃を有する回転貫入鋼管杭工法です。
掘削性の良い先端形状と回転翼の組み合わせによりスムーズな貫入を実現。
高止まりの起こりにくい先端形状のため先行掘削は減少。施工スピードの向上及びコスト縮減が可能です。

TGパイル工法(鋼管杭)のメリット

  • ◆施工スピードUP

    掘削性の良い先端形状と回転翼の組み合わせによりスムーズな貫入を実現。 高止まりの起こりにくい先端形状のため先行掘削は減少。施工スピードの向上及びコスト縮減が可能です。

  • ◆高い施工品質・高支持力

    高止まり改善で地盤を乱しにくく高い鉛直性を実現。地盤の乱れが少なく高い支持力を発生させます。

  • ◆狭小地での施工が可能

    先端の貫入性が良いため小型の施工機械で施工可能です。(条件により、バックホウ・建柱車等で施工可能。)材料の搬入も小型トラックで可能。作業スペースの省スペース化と合わせて狭小地での施工に有利です。

  • ◆低騒音・低振動

    くい埋設時の振動はほとんどなし。騒音は施工機械のエンジン音だけ。 施工時の近隣の生活環境への負担は最小限です。

  • ◆土壌環境負荷少ない

    セメント系固化剤による地盤改良工法のように六価クロムが地盤や地下水に流出することがなく、発ガン性物質での土壌汚染※がありません。※土壌汚染が認められた場合、地権者に汚染土壌の回復義務があります(土壌汚染対策法)。

  • ◆逆回転により撤去可能

    逆回転で引きぬくことが可能な設計です。※撤去した場合の撤去費用及び撤去した産業廃棄物の処分費用は売主の負担となります(不動産鑑定評価基準法)。建て替えの際、同規模の建物であれば再度使用することも可能です。

ガイアパイル工法(国土交通大臣認定杭)

概要

無残土・低騒音・高支持力の回転貫入鋼管杭の中でも、高い貫入能力と建込精度を持つガイアパイルを使用した工法です。
抗芯ズレを極小化し拡翼変形も無くす事で高度な施工精度を実現しています。
独自の杭先端形状が大きな支持力を発揮し、経済的な杭設計が可能。砂質地盤から粘土質地盤まで幅広い支持層の選択が出来る使いやすい杭工法です。

独自の打ち止め管理方式により施工機械・施工社によるバラつきがなく、
増大な指示力が得られる制度の高い基礎杭記述です。

  • 環境保全

    回転貫入工法は、無残土での杭施工を実現します。産業廃棄物(地盤改良材やセメントミルク等)は一切使用しないことにより、残土を全く発生させません。

  • 高支持力

    独自の杭先端形状により、大きな支持力を発揮することにより、経済的な杭設計が可能です。

  • 低騒音・低振動

    回転貫入方式で行う工法は、低騒音・低振動。都市部、住宅密集地、建物屋内などでの杭施工に最適です。

  • 低コスト

    地盤調査に基づき無駄のない杭長、流通の簡素化、無駄な準備作業を省略、又拡翼付先端により杭軸が細径化可能になり、商品と施工のコストを抑えます。

  • 省スペース

    施工に必要なものは、小型杭打機のみ。プラント設備等は不要な為、極めて省スペースでの施工が可能です。杭材は小型トラック(2t~4t)での搬入が可能、現場周辺の環境保護にも貢献します。

  • 幅広い支持層

    砂質地盤、礫質地盤(6≦N値≦50)幅広い支持層の選択ができ、より使いやすい杭工法になりました。

  • 高性能施工機械

    小型でありながら、高トルクが可能な施工機械、狭い搬入路、施工現場、上空制限のある現場(工場等)など、限定された施工条件に対応します。

ウルトラパイル工法(国土交通大臣認定杭)

ウルトラパイル工法とは、独自の打ち止め管理方式により施工機械・施工者によるバラつきがなく、増大な支持力が得られる精度の高い工法です。
杭先端部をスライドウェイト計測器付のモンケンで打撃することにより、支持力の増加と支持地盤の確認が行えます。

特徴